読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街の本屋は絶滅危惧種か

本グルメに捧げる秘話と裏ばなし

さあ、開店です(ブックフォーラム本山10)

開店です。

店長は妻です。商売は全くの素人(しろうと)です。

幸いなことに、妻の妹が手伝ってくれることになりました。大いに助かります。彼女も、もちろん、商売は全くの素人ですが、心強い味方です。午前中、午後の日の高いうちは極めて暇でした。

ところが、夕方の帰宅時刻になってからです。上りと下りの電車が駅に着いて、改札口から続々と通勤帰りの人が出てきます。狭い店の中が一杯になります。レジを待つ人が並んでいます。

すごいやんか。あれ?だれやろ。店の前で頭を下げている人がいます。見覚えのある顔です。

ああ、思い出した。

先日、工藤部長に連れられてキクヤ図書販売の本社を訪ねて挨拶をした新居社長です。

「盛況ですね」と、新居社長。

ただ、初日は、二日目以降の2倍のを売り上げるとのことです。なんや、そう言うことか。

ただの、ぬか喜びやったんか。やっぱり、儲からんということやろうか?それとも、小遣い程度は稼げるんやろか?

後で分かったことなのですが、この駅前の物件を僕が持ち込む前に、冨士経営はここを既に調査しており、その結果、不合格の烙印を捺(お)していたらしいのです。

自分では書店はやらんけど、他人がやる分には、取り次ぎとして利益が出るかどうかが判断基準となるんやろか。

ひどいような気がするが、まあ、この世の中、こんなもんなんかなあ。それにしても明日からが心配やなあ。 

☆本日のお薦め本

「おもしろい!進化の不思議 ざんねんないきもの事典」今泉忠明、下間文恵、徳永明子、かわむらふゆみ 高橋書店 

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

 

ダチョウは脳みそが目玉より小さい。カツオは興奮すると、シマシマの向きが変わる。ウシは1日に180リットルのよだれを出す

第1章、進化の話

第2章、ざんねんな体

第3章、ざんねんな生き方

第4章、ざんねんな能力

「ワインは楽しい!」 オフェリー・ネマン、ヤニス・ヴァルツィコス、河清美  パイインターナショナル  

ワインは楽しい!

ワインは楽しい!

  • 作者: オフェリー・ネマン,ヤニス・ヴァルツィコス,河清美
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

絵で読むワイン教本。初心者から愛飲家までワインがもっと楽しくなる!! この内容で¥2500はお得!

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログへ

ブログランキングに参加しています。宜しければ押して頂けると幸いです。