読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街の本屋は絶滅危惧種か

本グルメに捧げる秘話と裏ばなし

キネマ旬報の魔力

今日も、本屋の一日は、ひと休みいただき、僕の愛読書の続きです。

岩波文庫の文庫目録(2)

六畳一間の下宿と言いましたが、その下宿、一階には大家さんが住んでおり、二階を下宿として貸していました。賄(まかな)いはありません。

部屋の数は4つあり、住人は僕の他に、大学生が一人、会社勤めの姉と弟、水商売の中年の女性が一人でした。

岩波文庫の文庫目録に飽きると、僕はたまに隣りの大学生の部屋のドアを叩くことがありました。その人は僕より二年上で、青山学院大学の学生。無類の映画ずきで、部屋の中は「キネマ旬報」で埋め尽くされていました。 

キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011 (キネマ旬報ムック)

キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011 (キネマ旬報ムック)

 

最初に、彼から誘われて彼の部屋に入った時は、積み上げられた雑誌の多さに圧倒されました。彼の部屋を訪れた時は、必ずキネマ旬報を二、三冊借用して帰るのが常でした。

そんなよるは、岩波文庫の文庫目録は脇に追いやられて、キネマ旬報に主役の座を譲ることになります。

そうでなくても夜更かしだった僕ですが、映画の雑誌を手にした時はとても寝付けませんでした。(続く)

☆本日の最多入荷書籍

「働く男(重版)」 星野源 文春文庫 

働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。すごく変な本です。星野源本人のコメントです。 

「そして生活はつづく(重版)」 星野源 文春文庫 

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

 

つまらない生活をおもしろがろう。トイレか旅のお供にどうぞ。これも、星野源本人のコメントです。

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう」 原ゆたか  ポプラ社 

かわゆいおひめさま、まっててくれよな。ニヒニヒ。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログへ

ブログランキングに参加しています。宜しければ押して頂けると幸いです。