読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街の本屋は絶滅危惧種か

本グルメに捧げる秘話と裏ばなし

抱腹絶倒Хレシピ本

本屋の一日(3)

チェックが終わったら、品出しに入ります。先ずは雑誌から出していきます。

週刊誌、月刊誌を出す場所は大体決まっていて、売れ残った商品があればそれを返品し、空いたそのスペースにその日に入荷した新しい商品を置きます。

入荷冊数の多い商品は「平台(ひらだい)」に「平積(ひらづ)み」します。あとの商品は棚に差しこんでいきます。「棚差(たなさ)し」といいます。週刊誌なら、週一回、月刊誌なら、月一回、季刊誌なら年四回、同じことの繰り返しです。謂わば、賽の河原の石積みのような作業を毎日続けていくのです。

返品する雑誌は、返品伝票を添付して、段ボールに詰めて取り次ぎに送り返します。

【取り次ぎについて】 

書籍・雑誌の卸売業者を「問屋」と呼ばず、「取り次ぎ」と呼ぶのはなぜか、その理由は知りませんが、何か腰が引けたような呼び方に思えてなりません。

因みに、当店の取り次ぎは次の通りです。

書籍:トーハン

雑誌:キクヤ図書販売

学習参考書:日本教図書販売

 

トーハン調べ 今週のベストセラー(11月9日調べ)

”九十歳、何がめでたい" 佐藤愛子 小学館

九十歳。何がめでたい

”恋のゴンドラ” 東野圭吾 実業之日本社

 恋のゴンドラ

”夜行” 森見登美彦 小学館

 夜行

”君の名は” 新海誠 KADOKAWA

小説 君の名は。 (角川文庫)

”人間の煩悩” 佐藤愛子 幻冬舎

人間の煩悩 (幻冬舎新書)

 

本格派ベストセラーと当店の独断ベストセラーと比べていただくのも一興かと思います。

☆本日の最多入荷書籍

syunkon日記 スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件

山本ゆり 扶桑社

syunkon日記 スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件

本の帯には、こうあります。

「やーめーてー!!2分に一回爆笑するし!!お腹空くし!!」

宮下奈都さん絶賛 月間800万アクセス、著者累計430万部超 人気ブロガー待望の新作エッセイ集

これはきっと、抱腹絶倒本。おまけレシピも楽しみ。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログへ

ブログランキングに参加しています。宜しければ押して頂けると幸いです。